スポンサーサイト

  • 2017.04.22 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    奨学金を借りる意味は

    • 2017.04.22 Saturday
    • 03:15

    JUGEMテーマ:学問・学校

     

    大学ごとの奨学金延滞率ランキングなるものが東洋経済のこの記事に出ました。

     

    私自身、高校・大学と奨学金を借りており(その頃は半分給付型だった)息子たちも奨学金を借りさせて大学に行かせたのであります。前職は教師には親に向かって私立を勧めておいて、職員の子供は私大(特に理系)に行かせる学費の支弁に窮するほどの給与しか与えていなかったので、正直心苦しいとは思ったのですが、借りさせたわけであります。

     

    お恥ずかしい話、妻が脳梗塞になったときにも重なったため、学費以外にも使わざるを得なかったことが親として今でも心苦しく思うのですが、幸い2人の息子とも地方公務員として働いておりますので、返済ができない心配は今のところありません。

     

    さて、この延滞率ランキングを見ると驚くのですが、上位には通常「Fラン」と呼ばれる大学が並んでいます。記事へのコメントにはボロクソに書かれていますが、大きくまとめると次の3つになるのではないかと思います。

     

    ,海猟度の大学に行っても安定した職業につけるはずがないので、借りる側の無責任さへの批判。

    学生に奨学金を借りさせてそれを学費という名前で回収する大学ビジネスに対する批判。

    奨学金という名の「ローン」であるから、中高で金融商品などに対する知識の啓蒙がない現状では借りる側も半ば被害者であるという意見。

     

    それぞれに説得力ある意見ですが、Fラン大学に行くのは、初等教育段階での教育が不十分であり、その程度の学力しかないから(それ以外にアホでもOKのAO入試で入学する生徒もいますがそれは論外として)でしょう。そう、塾にも予備校にもほとんど通わず(通えず)だったら、こうなるしかないのであります。

     

    しかも「国際」ナンチャラとか横文字交じりの学部を卒業しても、どのようなスキルが得られるのか明確ではないのです。

     

    たとえば、教員免許を取るのは必要な単位をとればその資格は取れるのですが、それがそのまま仕事(=就職)に結びつかないということはよく知られています。薬学系・医療系(看護や理学療法など)は大学教育を経て得た資格で就職できるのですが、それ以外は学生自身がかなり意識しないと大学で学ぶことが就職や社会的評価に活かされないことが多いようです。

     

    特に文系の学生は相当な危機意識をもってなければ、今後はIT化で仕事を奪われる一方になります。

     

    ランキング上位の大学を見ると、そうしたことをわかって学生を育てているとは思えない大学も多々あります。そういうところは学生が履歴書を書くと、特技欄に「普通免許」と「英検2級」しか書いていないのです。これって高校卒業レベルですよ。

     

    高校卒業程度で取得できる資格・特技をとるため、4年間、借金してま大学に行く必要があるのでしょうか?(中には専門学校みたいな講座が多数存在するところもあります)

     

    私は受験生(特に文系の生徒)に、将来のキャリアデザインをしっかり作っておくように勧めています。私の時代では高卒と大卒の生涯賃金はどちらが上かなんて記事もあちこちにありましたが、(4年早く稼げるようになるとか、会社での出世の違いとかいろいろな要素を算定していましたが、今のように会社の昇進制度も多様化している現在では算定が難しいと思います)高卒で働くという選択肢自体が社会的風潮によって無くなってきているので、いきおい大学という選択肢を選ばざるを得ないのです。

     

    従って、18歳での大学進学が所与のものとしても、その先を考えることがいま必要なのではないでしょうか。そして、それが借金してまで進む価値のあるものであるかどうかをよーく考える必要があると思うのです。

     

    財力が無くて奨学金に頼る必要があることは、決して恥ではありません。キャリアデザイン通りに進めれば、自分の次の世代は奨学金を必要としなくなるかもしれないのです。

     

    その意味で言えば、今も昔も教育は「身を立て名を上げる」チャンスなのです。

     

     

                  管理人への受験相談・質問メールはこちらからどうぞ

     

     

    合格実績と今後について

    • 2017.04.13 Thursday
    • 01:41

    JUGEMテーマ:学問・学校

     

    本当に久しぶりの更新になってしまいました。メインブログは細々と更新を続けておりますが、すっかりこちらの更新をサボっておりました。今年度は体力の問題もあって出講を週1日にしてもらいましたので、少しは更新ができると思っています。

     

    さて、今年度の大学受験生の受験結果が揃いました。私が担当した生徒は10名ほどですが、京都大学、東京学芸大学、電通大、東京海洋大と4名の国立大学合格者を出しました。早慶もそれぞれ1名ずつ、あとは明治、中央、法政といったMARCHレベル、大妻女子、女子栄養の管理栄養学などでした。

     

    浪人を3人出してしまったのは残念ですが、とにかく「ここしか受けない」といった生徒たちばかりでしたので、指導としては成功だったと思っています。

     

    特に、京都大学は私が教壇に戻ってから4年になりますが、そのうち3年間で合格者を出していますので、むかし叶わなかった自分の夢を叶えたようでとても嬉しく思っています。

     

    京都大学の英語問題は(少し傾向が変わってきましたが)記述問題としては東大をしのぐ難しさ、というか、どれだけアタマが柔らかいかを出す試験だと思っています。その意味では東大の入試問題の対極にあるものといっていいかもしれません。

     

    過去問も生徒が書いた答案を私が添削・採点するのですが、まあ、英訳・和訳の記述問題ですから、数学と異なり、解答もその流れも千差万別。型通りの答にはならないのです。採点は基本的に減点法ですので(これは東大と同じ)、英単語の語法・文法の正確な知識をもって書かないとできているつもりで減点の山を築いていることがあるのです。

     

    それで、毎年受験前には、人数限定ですが、詳細な添削指導をしています。はっきり言って割に合わない仕事なのですが、自分も答案を考えるという意味では知的な楽しみもあり、採算度外視でやっているのです。傍から見たら「物好き」なんでしょうが、生徒が合格してくれるからやっていけるのかもしれません。

     

    さて、そういった「楽しみ」は別として、さまざまな事情から、そろそろ教壇からの引退も考え始めました。もちろん、この仕事は半ば「天職」と思っていますし、待遇がどうのといった不満もないのですが、やはり年齢にはかなわないというか、「学問」というものの思考法の相違といった観点から数学的思考も取り入れた授業をやっていても、それを無駄な雑談ととらえられるようになり、他人の枠の中では自分の道を押し通すことの難しさを感じ始めましたのです。

     

    自分で塾をやるなんてことは考えたこともなかったのですが、自分の伝えたいことを自由に言える場を持ちたいと思うようになってきました。

     

    勿論、本業も続けていかなければなりません。そういったものの折り合いをどうつけていくか、これからの課題になりそうです。

    応援したくなる塾もあるわけでして

    • 2016.09.05 Monday
    • 23:30

    JUGEMテーマ:学問・学校

     

    私の前職は現在東証一部上場企業にもなっている学習塾でありますが、そこを辞めて自分で塾を立ち上げた方が何人もいます。この業界、合従連衡・集合離脱は人の世の常といった感があります。

     

    面白いもので、塾と言うのは、参入障壁が低く、設備投資は飲食店に及ぶまでもなく少ないですし、仕入れ・在庫と言ったものの苦労も(テキストは多少ありますが)心配するほどのこともなく、資金繰りが楽なためか、立ち上げて数年維持できれば、なかなか潰れるものではないのです。問題は教える人間でして、そうした塾が潰れる原因の多くは内輪もめというのが一般的です。

     

    個人経営の塾を私が比較的高く評価しているのは、経営者の人間哲学がそこでの教えに反映されていることが多く、したがって、経営者が人間的に信頼できる人であれば、一般的には、そこで教える教師や生徒の質がいいという理由からです。

     

    そうは言っても、設立当初の志を忘れる経営者も多いわけでして、経営が公私混同になったり、世間知らずの大学に入ったばかりの学生を驚くほど安い時給で使うといった人件費削減の「麻薬」に溺れる人もいるわけです。固定費さえ減らせば変動費がほとんどないビジネスモデルですから、誘惑には勝てないのでしょうね。もっとも、それをすると、教師が一斉に抜けていくとか、とんでもないことが起きるわけです。ブラックバイトじゃないかと言いたいでしょうが、これも卒業生を使ったりするので結構いいなりになってしまうことも多いようです。

     

    その一方で、生徒が増えつつある段階でも、職員の健康保険・失業保険・厚生年金などの整備を急ぐ経営者もいます。私の知る元同僚がやっている塾では、退職金の積み立てまで始めたところもあります。はっきり言って感心するしかないのです。起業が共に働く人の人生を背負うということをわかっていることに敬意を抱きます。

     

    それに反し、学生しか使っていないと最低限の労災保険ぐらいしか整備していないところもザラにあります。可哀想なのは、30歳近くでもそんなところで働いて、国民年金・国民健康保険を払うために深夜の飲食業でアルバイトをしている人もいるってことです。将来のエリートを育てるためにワーキングプアしているなんて洒落になりません。

     

    いろいろ見比べてみると、「人が力」とどれだけ考えているか、そして自分に人生を預けてくれた人にどれだけ応えるかということだと思うのです。これが出来る経営者であれば、生徒を預けてくれた保護者に応えることもできるのではないかと考えるのです。

     

    親にウケがいい経営者は簡単に信じてはいけません。教師が数人一斉に、もしくは学期途中で急にいなくなったり、学生しか教える人間がいないところは「終わりの始まり」になっている可能性がありますし(経営者は決して本当のことは語りませんから、教師の変化はお子さんから聞くのが一番です)下の子も含め、長く通わせるのは危険かもしれません。

    故人塾でも、いろいろ内容を精査することも大切なのですよ。

    PR

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>

    リンク集

    ラジオ放送に出演

    検索総数ランキング

    おススメ

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM