スポンサーサイト

  • 2017.04.22 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    塾のあるある その1

    • 2016.08.13 Saturday
    • 23:39

    JUGEMテーマ:学問・学校

    30年塾屋をやっていて気づいたこと。

    塾教師のあるある

    ・日ごろ小中高生ばかり相手をしているので、大人の異性の相手ができなくなったせいか、生涯独身者が多い。

    ・保護者には私立中学・私立高校への進学を勧める癖に、給料が低くて自分の子は公立しか行かせられない。

    ・生徒が帰ったあとの職員室や、飲み屋で担当する生徒のことを「低能」「クズ」などとボロカスに言う。

    ・人気のある教師には嫉妬丸出しで、悪口を掲示板に書き込む。

    ・難関校の入試問題を答なしに解けない・理解できない・説明できない奴が意外に多い。

    ・給料への不満を持たない奴がいない。

    ・事務方をバカにする。

    ・20歳代で偉そうに人生を語る。

    ・独身のクセに子供の育て方について親に説教する。

    ・合格のお礼にもらったものにケチをつけるくせに、独り占めする。

    ・あの子はカワイイとかあいつはブスだとか女の子の品定めをするのが大好き。

    ・競馬・競輪・パチンコなどギャンブル好きが多い。

    ・意外にミステリー小説が好きが多い。

    ・日曜日が休みじゃないことが多いので友達が少ない。

    ・いつもほかの塾の求人広告をチェックして虎視眈々と転職を狙っている。

    ・営業に慣れすぎて、ウソを言うことに罪悪感を感じなくなる。

    ・Fラン大学出身者は自分の学歴について口をつぐむというか、大学の話自体をしたがらない。

    ・難関大(例:東大)出身者は何かというと学歴をひけらかすが、だいたい生徒・同僚から陰で馬鹿にされている。
    ・禁止されている生徒とのアドレス交換にスリルを感じている。
    ・出会いが無いし、社会的信用(ブランド)が無いので、手近な同僚・部下や事務員と結婚する。
    ・ブラック企業なのに上場企業に勤めているとキャバクラで威張る。
    ・風俗に出入りして昔の教え子にあっても平気でやることはやる。
    ・落ちた親からのクレームには自分の担当する教科の責任でないことを必死に説明する。
    ・成績が上げられない教師ほど自分が優秀だと思っている。
    ・親にすごい先生だと信じ込ませたら勝ちだと思っている。
    ・今日の稼ぎをすべて飲み、宵越しのゼニを持たないような人間がいまだに職員室に棲息している。

     

    こんなのが教えているんです。もちろん全員ではありませんけど…。

     

    私の授業スタンス

    • 2013.04.29 Monday
    • 23:26
    久しぶりに教壇に復帰して、こんなに肉体的にしんどいことをやっていたのかと我ながら自分が長くやっていた仕事のガテン系的要素を再認識しております。

    先方のご意向もあり、高3のみならず中3から高3までの英語の出講依頼を受け、余りの忙しさにこのブログの更新もままなりませんでした。この連休で1週間休みが取れたので、こうして更新をしている次第なのであります。

    私の授業の基本は「出来ないことを叱らない、やろうとしないことを叱る」であります。「センセイのおかげで成績が伸びましたなんて言われて鼻を高くしている教師が多い中で、私は成績を上げるのは本人であって、アタシらは生徒がそうできるように道案内するだけなんであります。

    そもそも、週に数時間教えただけで、それまで何年も英語ができなかった奴ができるようになるわけないじゃないですか。勉強する本人に「自分にもできる」という意識を強く持たせ、前に向かっていく姿勢を取らせれば、教師の仕事なんてほとんど終わりなんですよ。

    中には解放の技や結論を聞きたいだけで、そこまでのプロセスやそうなる理由を求めない生徒もいますが、技や結論聞いて帰っていくだけなら、高いゼニだして塾や予備校に行かなくていいんです。ウチで問題集やっている方がずっといいでしょ。だから本気でそう思っている生徒は私の授業にでなくていいとさえ思っているのであります。

    その分、今まで複雑に思えてきたことが単純なことだとわからせ、切れている糸がつながる爽快感を感じさせますけどね。「やっと自分が受けたい授業に会えた」こう言ってくれるのが一番嬉しいんですよ。

    授業時間を増やせばいいというものではない

    • 2011.06.16 Thursday
    • 14:32

    この話題に関して、個別塾については別の機会に述べることにします(それだけ言いたいことがヤマほどあるのです)ので、集団塾の補講とかについてお話しましょう。

    現在、正規授業以外に授業を無料でやってくれる塾はほとんど無くなっていると思われます。親の世代では受験が近づくと各教科の先生が土日に出てきて単元別特訓などをしてくれた記憶がある方が多いと思います。気前のいい塾ではそれも休日出勤手当や残業手当をだしたりして、むしろ推奨していた時代もありました。高校入試ですと3教科の過去問を15年分やらせて合計45年分の過去問をやったとか意味不明なことを言っている教師もいました。

    少子化で、生徒数より生徒単価(=売上単価)が重視されると、こうした無料サービスは会社から禁止され、実際、秋以降すべての土日は有料授業で占められるようになり、教師の裁量もきかなくなってきたのです。

    一方、そうした売上面以上に、教室を数多く展開するにしたがって優秀な教師がひとつの教室に集まらなくなったという事情があります。スーパー教師の授業をすべての教室の生徒になんていっていますけど、要は普段通う教室にはロクな教師がいないということです。これは大きい塾ほど事態は深刻になっています。余談ですが、ある大手塾では某教室は陰で「八丈島」とか言われ、そこへの転勤は「島流し」といわれるところもあります。そこから出るときは辞めるときだそうです。それでもその教室は塾のブランドで潰れない程度の生徒数は集まっているそうですから、知らずに通わせる親はいい面の皮です。

    無料でやっていた時代もそうでしたが、授業を長くやる・たくさんやるというのは必ずしもすべてがいいことではなりません。英単語とか英熟語、計算問題などは数多くやったり、少し長い時間つかってやる意味はあります。しかし、それ以外は試験時間以上の授業は無駄です。ボクサーが3分動いて1分休むというトレーニングをするように、試験時間に集中できるアタマを作るのが教師の仕事ですので、これが出来ないと3流です。ふだんでも時間通りに終わらない教師は、自分の授業のペース配分すらできないのですから、信用できません。親もその点をしっかり見てください。

    そうなると、秋以降毎週日曜日にやる「○○特訓」みたいな授業は果たして意味があるのかということになるのです。それについては、以前どこかで書いた記憶がありますが、そんな授業を取るのは自分で勉強できない子だけです。そんな時間とカネがあるなら、図書館で過去問を解いたり、1週間の復習をしていたほうがずっと効果的です。

    2011年度から小学校が、2012年度から中学校が指導要領改訂と共に授業時間数を増やします。総合学習とかわけわからんモノが減ったり無くなったりするのは歓迎ですが、成績最下位層に合わせた授業ばかりやろうとすると、増えた分時間の無駄と思う生徒の数が増えていくのではないでしょうか。

    本題とはずれるかもしれませんが、学校教育を非難する方は学校の教科書をどれだけごらんになったことがあるのでしょう。大人からみると、昔に比べて格段に丁寧かつわかりやすく作られています。これを読んですらわからないレベルの子を悪平等のもとに同列に扱うことの是非のほうが、私はまず議論すべきことだと思うのですが・・・。

    いずれにしろ、授業時間の延長ばかりやっている塾でしたらば、昔ならばいざ知らず、現代ではダメダメと思っていただいてもいいかと思うのです。

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << July 2017 >>

    リンク集

    ラジオ放送に出演

    検索総数ランキング

    おススメ

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM