スポンサーサイト

  • 2017.04.22 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    夏の勉強で後悔しないために(高校受験編)

    • 2011.07.25 Monday
    • 22:36

    高校受験に関してお話しします。これも(国)公立志望と私立志望があり、それぞれ志望のレベルも異なっていますので、全てに共通する最大公約数的な話しかできませんのでご容赦ください。

    公立志望も私立志望も、はっきり言って夏の勉強の目標は得意科目を作ることだと思っているのですが、それに一番適しているのは英語だと私は(自分の経験からも)思っています。塾の夏期講習に行けば、だいたい数学を除いて全学年内容の復習と先取りをしてしまいますので、英語は夏の段階で中3範囲は終了するのが通例です。(自分で勉強していても終わらせるのは難しくありません。私も参考書片手に自力でそうしていました)その意味では全教科の中で、最も先に進める科目なので、モチベーションも上がりやすいからです。(同じことを数学でもできるならばそちらでも構いません)

    それに、高校受験で必要とされる英単語数は公立で600、私立難関校で1000といわれています。(これを聞いたとたんに戦意喪失する生徒がいますが、a,an.the なんていうのまで含めてですよ)その気になれば夏にこれをマスターするのも可能です。(英語が苦手な生徒は、そんなことより不規則動詞の変化をきちんと覚えるほうが先決だとも思うのですが)

    中学生というのは結構素直なモノで「これで中学校範囲が終了」なんて宣言すると、すごく勉強した気になってくれて、他の科目にもいい影響が出るのです。いかに生徒のモチベーションをあげながらこの長い夏休みを勉強させていくかということが教師にとっては一番の課題ですから、それに失敗するような奴は三流教師の誹りを逃れられません。

    実は私はかつて、秋はどうしても英数中心の勉強になるから、夏は国語を勉強の中心に置けといっていた時期がありました。論理的には間違いはないのですが、国語という科目の性質上、時間をかけてもなかなか成果が上がらず、上記の意味での生徒のモチベーションをあげるのに苦労するようになりました。結局、とんでもなく国語ができない生徒を除き、英数中心に夏を組み立てていたほうが、模試など数字上の効果が高かったため、無視はしませんが、国語重視という方針を転換しました。

    公立志望ですがいわゆるトップ校が多くいる独自問題作成校を受けたいので、私立向きの勉強がいいですかという質問をうけることもあります。私立向きの勉強をしなさいなんて平然という塾の教師もいますが(そちらのコースのほうが、一般的に授業料が高い)私はもともとそういう質問自体が愚問だと思うのです。

    どんな一流公立高校でも「公立」という枠をはめられたら、検定教科書以外で使われている単語には注をつけなければなりませんし、所有格の関係代名詞なんて出題できないのです。ですから、知識だけを云々する問題では差をつけられませんから、記述問題を増やすことによって差をつけるようにしているのです。その意味でいえば、公立向け勉強の王道をする必要があると言えましょう。

    そもそも、公立高校復活をかける、ということは、東大はじめ国公立大学への合格者を増やそうという意図なのですから、記述中心の2次試験に合格できるような、「書く」力がある生徒が欲しいんだ、という出題(学校)側の意図をくんでください。こういうことを全く考えないで、対策云々を言っている塾を見ていると片腹痛いです。共通問題はともかく、公立高校の独自問題も難関私立高校の入試問題も、出題者から受験生へのメッセージなのだということを知ってほしいと思います。

    話は逸れましたが、理社に不安があるというか、たとえば中1・中2段階で理社の成績が悪かった生徒は、この夏にそこの復習をおこなってください。学校のカリキュラム進度を考え、中3で学ぶ範囲は2学期前半ぐらいまでしか出題されませんから、そこをしっかり復習しておけば、理社の勉強はほぼ仕上がりと言えます。(言うまでもなく国立高校は別です)

    ちょっとまとまりが無くなってしまいましたが、昔の成績が悪い人は復習範囲中心、普通だった人は先取り中心で勉強されたらいいと思います。個別相談はメールでどうぞ。


    山下行政書士事務所主催 遺言・相続無料相談会のご案内はこちら

    管理人への受験相談・質問メールはこちらからどうぞ



    スポンサーサイト

    • 2017.04.22 Saturday
    • 22:36
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      2627282930  
      << November 2017 >>

      リンク集

      ラジオ放送に出演

      検索総数ランキング

      おススメ

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM