スポンサーサイト

  • 2017.04.22 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    この時期の模試の考え方

    • 2011.10.14 Friday
    • 19:22

    合格可能性についてはずいぶん前にお話ししましたので大学受験の模試についての一般的なことについてはこちらの記事をご覧いただければと思いますし、高校入試の場合には最終的なデータは手作業で営業的配慮等の修正をいれてありますので(つまり、あまり高く設定すると受験者数を確保できないため、合格者を維持できないとか、自分の塾で合格者が多い方の学校のレベルを高くして塾自体のステータスを上げようとする)嘘ではないにしても目安程度に考えておけばいいと思っています。

    今日はそんなことよりこの時期の模試をどう活かすかを考えてみましょう。高校受験では授業料は毎年上げるくせに、最近はコスト削減で作問部門がない塾も多いので、こういうところの模試は教材業者から購入します。売るほうもさまざまな塾で売れるようにと、愚にもつかない問題を出し、一般の公立高校志望者以外に役立たないので、今回は話の対象から除きます。

    大学受験の模試は(東大模試なんていう難関模試は別として)平均点が異様に低い科目(中には0点でも偏差値が30台も出るような)以外は必ず復習することです。今まで何度も言ってきましたが、復習とは見直しとは違います。辞書も参考書もナニを使ってもいいから、自分の最高の答案を作りなおす、選択問題は肢のひとつひとつの誤りを指摘できるまでやってください。

    正直、時間はかかります。時間無制限ですから。でも、1週間もあれば(センタープレテスト以外は)できますよね。それをやってから配布された解説を読んでください。

    これをやると、今までの模試の復習はいかに不充分だったかに気がつくと同時に、作問者の意図が見えてきます。問題を作る側にとって一番イヤなのが自分の心を読まれることなのです。逆にいえば、作問側の意図がわかれば解答が大きく正解から外れるリスクは減るのです。

    この時期の模試を単に合格可能性をはかる道具とだけとらえるのはもったいないです。作って売る側の論理を考えれば、先述した外注している塾を除けばそれなりの教師にお金を払って作問させているわけですし、それをチェックする部署もかなり優秀なスタッフをそろえています。予備校によってはそれを数年後に問題集として発行することさえあるわけですから、カネも手間もかけているわけです。

    オプションで売る授業なんかよりはるかに役に立つというのが、売ったことのある側からの論理です。騙されたと思って、いちど、上記のような模試の復習をやってみてください。


    <読者のみなさんにすべての良きことがなだれのごとく起こりますように…>

    山下行政書士事務所主催 遺言・相続無料相談会のご案内はこちら

    管理人への受験相談・質問メールはこちらからどうぞ

    スポンサーサイト

    • 2017.04.22 Saturday
    • 19:22
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      282930    
      << June 2020 >>

      リンク集

      ラジオ放送に出演

      検索総数ランキング

      おススメ

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM