スポンサーサイト

  • 2017.04.22 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    公立中高一貫校の未来は

    • 2012.02.15 Wednesday
    • 06:21
    中学受験は終了しましたが、公立中高一貫校の人気は相変わらずですね。その傾向も首都圏のみならず全国的に広がりをみせていますし、どこを見ても教育内容・設備その他絶賛する記事ばかりで、本来中学受験を考えていなかった層にまでそのすそ野を広げていったという点では、受験産業に多大な貢献をしてくれたと言えます。

    東京の場合にははじめて開校されたのが2005年。以来今まで10校が開校されたのですが、まだ卒業生の進学実績が出ていないにもかかわらず、へそ曲がりの私にはちょっと過熱気味かなとも思うのであります。

    東大合格者数NO.1の開成中でも、中学受験で毎年約300人が入学し、高校入学者を含め約400人ほどの卒業生の中で東大や国公立大学医学部などに進学できる学生は半分程度です。(もちろん浪人生を含めてですが)

    そうなると、公立中高一貫校はどの程度合格実績を伸ばせるかはかなり興味深いことだと思うのです。開成中学に行ってもドロップアウトする生徒ももちろんいるわけですし、6年後の保証はどこにもありません。東京ですと約1400人の募集人員があり、それらの中には高校募集を停止するところと停止しないところがあります。

    個人的な意見を言わせてもらえば、大学受験の実績を出したいのであれば高校からの受け入れをすべきなのです。受験という経験の中で生まれた知識の集約力は次の受験までの期間が短ければ短いほど維持できるからです。

    東京では高校入試改革ということで進学指導重点校という制度が導入されました。それによって日比谷高校など大きく東大合格者を増やし、公立復活を印象付けたのですが、なかにはほとんど効果もなく、それどころか下降線をたどっているのではないかと思われるようなところも生まれてきました。

    全ての中高一貫校で大学受験が始まるのはまだ先です。こういってはナンですが、それまでが受験産業にとっての「賞味期限」なのです。

    私自身が前職で見てきた中では、公立中高一貫校に合格する生徒はホントに頭がいい子が多かったという印象があります。ただ、こういう子はある意味で早熟ともいえますので、こういう子を集めても6年という時間の中ではどうしようもなくなる子も出てくるのはやむを得ないでしょう。

    そうした中で進学実績、特に国公立大学の進学実績を出していかなければ、人気を維持するため更なる手を考えないといけない学校も出てくるでしょう。いい生徒を集めるには「バブル」が必要なのです。


    <読者のみなさんにすべての良きことがなだれのごとく起こりますように…>

    山下行政書士事務所主催 遺言・相続無料相談会のご案内はこちら
    管理人への受験相談・質問メールはこちらからどうぞ

    スポンサーサイト

    • 2017.04.22 Saturday
    • 06:21
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      282930    
      << June 2020 >>

      リンク集

      ラジオ放送に出演

      検索総数ランキング

      おススメ

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM