スポンサーサイト

  • 2017.04.22 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    いい塾の条件…細く長いつきあいができるか

    • 2012.04.05 Thursday
    • 01:19
    いい塾の条件として、長いつきあいができるかという問題もあります。それは、いきおい、担当教師との長いつきあいということとイコールにもなってくるのですが、人事異動が頻繁な塾ではそれはなかなか難しいことが多いようです。

    教師自体、待遇が悪ければ容赦なく去っていく業界ですから、長年勤めている教師はいい教師とそこにしかしがみついているしかない教師の両極端になってきます。

    また、最近は兄弟姉妹がいると、その子も入塾させようとあれやこれやの手を出してきます。塾の受験学年の授業料が年間100万円を超えるような現状では、そう立て続けに塾に行かせられる家庭はないのですが、塾の経営陣は「子供のためなら親はカネを出す」ということに凝り固まっていますから、相当なノルマが課せられることになります。

    現在、流通・物販業界ではノルマを果たすために自分で商品を購入するといった「自爆営業」が問題になっていますが、塾でも似たようなことをする者があります。売上を出すために、販売教材を自分で購入したり、1か月授業料の割引分を自分で負担するなどが陰で行われています。

    そもそも、毎年生徒が5%近く減っているのに、生徒数を10%伸ばせとか言っている経営者のアタマの構造自体がおかしいのですけど結局は無理な入学勧誘をしたり、在学中にできるだけのオプション授業をとらせて、言い方は悪いですが「ケツの毛まで抜く」「絞れば絞るほど出る」といった営業をしているため生徒自体が卒業後に遊びにもいかない塾も多くなっています。

    子供はバカではないですから、どれだけ無理して親が自分の授業料をねん出し、他の兄弟姉妹にしわ寄せが行っているかはわかっています。知らぬは塾の経営者だけ。先のことより今の売上という塾が多くなっているのは、塾の多くが上場していることと無縁ではないのです。

    合格すれば下の子も通わせるといったことが多かったのですが、最近ではうまくいっても下の子は別の塾に行かせるといった例も目立っています。

    いま、子供を通わせている保護者の方は、下の子も通わせたいですか?また、受験を終えて進学後も通わせたいですか?そのあたりをよく考えてみましょう。「来てくれて当然だ」といった思い上がりが蔓延している塾とは早く縁を切ったほうがいいですね。



    <読者のみなさんにすべての良きことがなだれのごとく起こりますように…>

    山下行政書士事務所主催 遺言・相続無料相談会のご案内はこちら
    管理人への受験相談・質問メールはこちらからどうぞ
    <

    スポンサーサイト

    • 2017.04.22 Saturday
    • 01:19
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << August 2020 >>

      リンク集

      ラジオ放送に出演

      検索総数ランキング

      おススメ

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM