スポンサーサイト

  • 2017.04.22 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    年中営業している塾には行かない

    • 2012.06.04 Monday
    • 23:40
    夏期講習の募集には間があるものの、最近は年中チラシや広告を出しているところが多いようです。夏に向けて新教室を開講するには中間テストの成績がわかってくるこの時期が一番いいとも言えます。

    そういう事情がないところは、夏期講習生の本格募集が始まるまで中間テストや模試の成績などを見ながら保護者面談をしたり職員ミーティングを重ねることが通常です。

    にもかかわらず、何とか特訓とか妙な講座の宣伝や無料テストの宣伝をしきりにする塾がありますが、そういうところは職員のアタマの中は8割以上が営業になっています。以前配布した電子ブックにも書きましたが、子供に是非聞いてほしいのは授業時間内ずっと教師が教室にいるかどうか、また休憩時間での質問を受け付けなかったり休憩時間が異常に長いということです。

    両親がはたらいていることが多い近年では、営業電話は通常16時頃から19時ごろにします。ふつうであれば授業をやっている時間帯です。電話をもらう方は気がつかないかもしれませんが、正社員に授業を持たせないで営業ばかりさせているところは基本的に「悪徳」傾向が強く、それこそ深夜でも電話を平気でかけてきます。

    ですから、その時間帯に電話をかけてくるということは休憩時間でなければ生徒に自習させて営業している可能性もあるのです。1日のノルマを決められていると、それこそ授業なんかに集中できません。かくいう私も夜10時までに5万円の売り上げノルマの未達対策を考えなければならないと、授業どころではなくなることもしばしばありました。

    こういう塾は役に立たないオプション授業の営業も多く、教育という名のもとにいわゆる「ケツの穴の毛まで抜く」のを目的としています。そうであるかどうかを判断する材料が上記のように授業時間内に教師がいなくなったりしないということなのです。

    こんな塾に行ってしまったら、夏までにサッサと他に行ったほうがいいですね。公立を志望しているのであれば良心的な塾はまだたくさんあります。


    <読者のみなさんにすべての良きことがなだれのごとく起こりますように…>

    山下行政書士事務所主催 遺言・相続無料相談会のご案内はこちら
    管理人への受験相談・質問メールはこちらからどうぞ

    スポンサーサイト

    • 2017.04.22 Saturday
    • 23:40
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << August 2020 >>

      リンク集

      ラジオ放送に出演

      検索総数ランキング

      おススメ

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM