スポンサーサイト

  • 2017.04.22 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    これ以上大学を作ってどうするのか

    • 2012.11.14 Wednesday
    • 00:39
    長いこと更新を怠っていてすみません。さすがに家事も仕事もとなると気力が持たなくなってきます。

    さて、田中真紀子文部科学省大臣の新設大学・学部の許認可について随分と賑やかに騒がれ、大臣をまるで人格破綻者のごとく評する意見が紹介されておりましたが、方法論はともかく、行っていることは至極まっとうなことだと思うのです。

    少子化の時代、大学の半数近くが定員割れを起こし、定員の充足のため留学生という名の不法就労者を多数受け入れる大学や、中学生レベルの学力しかない学生に自動的に4年間で学士号を与えるトンデモ大学が多数あるにもかかわらず、この現状改善に何もせず書類が揃ったから大学設立を認可しますなんて(補助金という名目で税金が投入されるにもかかわらず)おかしいという議論が全く出てこない方が異常だと思うのです。

    今更人気がない偏差値40台の女子大に新設学科作ってどうするんですか?人口減少著しい地方に芸術系の学部作ってもそこからナニが生まれるのでしょうか?

    受験生が可愛そうだとか、今まで準備に努力してきた人たちの苦労とか、本質を議論する前に情緒的なもので是非を図ろうとするのはどうにも理解できません。

    今回問題になった大学・学科が20年後も存続できるという保証はないんです。もっとも潰れても今回声高に設立を主張した人は誰も責任を取りませんけどね。生きているうちに自分の出た大学がなくなっていることほど情けないことはないのではないでしょうか。そうなったら受験できてよかったねなんてブラック過ぎて言えませんぜ。

    難関大学出身者とFラン大学出身者では同じ10人採用しても、前者は8人が使いものになるけど、後者は8人が使いものにならない、というのが世間一般の認識です。ところが、最近は前者もヘタすると半分以上が使いものにならないことが珍しくありません。

    それは、学生数維持のために系列高校を増やしたり、推薦入学者数をふやしたりしているから、いきおい、質の劣化が起きているのです。

    ですから、最近は推薦や内部進学で大学に入学した学生の評価を下げる企業も出はじめているそうです。少し淘汰されないと肩書きだけで人間を判断できなくなってきたんでしょうね。



    <読者のみなさんにすべての良きことがなだれのごとく起こりますように…>

    山下行政書士事務所主催 遺言・相続無料相談会のご案内はこちら
    管理人への受験相談・質問メールはこちらからどうぞ

    スポンサーサイト

    • 2017.04.22 Saturday
    • 00:39
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      2627282930  
      << November 2017 >>

      リンク集

      ラジオ放送に出演

      検索総数ランキング

      おススメ

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM