スポンサーサイト

  • 2017.04.22 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    信じることと買いかぶり

    • 2015.03.04 Wednesday
    • 23:22
    JUGEMテーマ:学問・学校
    私は教えたことができなくても叱ることはあまりしませんし、「できない」ということで決して自分を責めてはいけないよと生徒に言い続けています。

    ですから、無限とは言いませんが、どの生徒にもそれなりの可能性があることを決して否定することはありません。しかし、一足飛びに高いレベルの学校を受験することを希望し、周囲の大人がそれを煽るような言動をとることは果たして正しいことなのかと思うことがあります。

    東京都の新記録が出せたからって、いきなりオリンピックに行ってメダルを取れると思う人はいませんよね。ところが、受験ですと偏差値50少々で早慶に合格するなんて例があるわけです。要するに「記号のまぐれ」が重なったようなものがあれだけの多人数の中ではいるわけです。

    ところが、そのまぐれに乗じて、「偏差値50少々でも受かる」みたいなことを受験産業の中では声高にいう人間がいるのです。確かに50人に1人しかいなくても500人受験させれば10人は合格するわけなんでして、合格実績という「数字を作る」うえで、有象無象でも受験者を確保するのは必須なのです。

    こうした哀れな子羊の中でも、半ば無理とわかっている奴らは不合格でも傷が浅いのですが、妙に受かりにいった生徒は敗戦の結果の前に呆然自失、阿鼻叫喚になるのです。

    敗者になって初めてその人が鍛えられるとはいいますが、そりゃ、失敗した当人でないからこそ言えるのであって、死屍累々を前にして口が裂けても言えません。

    いきなり金メダルを取れるような幻想を抱かせてしまったとしたら、そのような安易な買いかぶりをして、不合格者には非常に申し訳ないと思っています。試験は結果が全て。信じてはいたものの結果的に合格させてあげられなかった生徒には、いろいろな思いが湧いてくるのであります。

    スポンサーサイト

    • 2017.04.22 Saturday
    • 23:22
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << August 2020 >>

      リンク集

      ラジオ放送に出演

      検索総数ランキング

      おススメ

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM