スポンサーサイト

  • 2017.04.22 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    多くの校舎を展開するところでは開校したてのところが狙い目

    • 2011.03.11 Friday
    • 02:19
    儲かっている塾は多校舎展開をするところが多いですね。100人の生徒がいるひとつの校舎より、60人の生徒がいる2校舎の方が売上は上がりますし、生徒数が増えることで合格実績も増えるというスケールメリットもあるわけです。

    最近のように不景気で、駅前のテナントでも空室があり、一方で人件費も安く抑えられるように固定費を抑えられる状況下で、その一方、ひとつの地域の子どもの数が減っているために1か所で大量にに集めることが難しくなっていますから、出校するメリットは充分にあります。

    学校法人となっている三大予備校のようなところは別として、塾業界は上場して株式を公開していても、多くは持株会社などを使って、株式の半数近くを創業者創業一族が所有していますので、利益の使い道はこのように非常に単純明快になっていることが多いのです。(利益を職員の待遇をよくするために使う経営者は寡聞にして聞かないですがね。)

    ただ、これには大きな落とし穴があります。一校舎あたりの教師の層が薄くなっていくのです。

    塾・予備校の講師は教員免許が必要ありません。(そういう人たちの方が、教員免許持って教壇に立つセンセイ方より生徒に人気があるということ自体、我が国の教育制度は崩壊していることの証左なのですが)ある意味で各人が職人なのです。それは、会社組織としていくら研修を積んでも変わりようのない事実なのです。なにせ、相手は二人として同じ人格を持たない生徒なのですから。

    ですから、1教室に2人もしくは3人いた優秀な教師が、校舎数の増加とともに1人減り、2人減りといった具合に減少してくるのです。人数的には採用によって補完しますが、結局は員数合わせにしかなりません。

    ところが、開校したばかりの校舎では、事情が少し違ってきます。一気に市場をかき回すわけですから、初年度は授業に営業力のある教師を配置します。授業に営業力というのは、在来校舎では人気教師だということです。ここで、勝負をかけ、競合塾に対して優位性を持つのです。三大予備校でもK塾などは、まさに第一級の教師をもってきて無料公開授業をしたりします。

    ですから、大きい塾で新規開校の校舎がある場合には、そこが狙い目なのです。もし、そこに行って責任者の対応がよくなかったり、公開授業がよくない場合には、そもそも、会社がそこの校舎に期待していないか、その塾の人材枯渇が深刻であるとみていいと思います、

    開校して2年経つとほぼ勝負付けは済んでいます。3年目には悪い言い方をすれば人事異動でいい先生が転出し、「クズ教師」がやってくる可能性が大です。「ウチは教師が自慢」と言っているところは、却って自信が無いから、強がり言っていると思ってください。

    そんなに優秀な教師はひとつの塾のなかにそう何人もいませんから…。

    スポンサーサイト

    • 2017.04.22 Saturday
    • 02:19
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      282930    
      << June 2020 >>

      リンク集

      ラジオ放送に出演

      検索総数ランキング

      おススメ

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM