スポンサーサイト

  • 2017.04.22 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    努力は必ず報われるって誰が言った?

    • 2011.05.05 Thursday
    • 01:49
     

    別にネガなことを好んで書くつもりはないのですが、最近の子は大人が無責任な希望を持たせるよりも現実を知っておいたほうが、心の傷が少なくて済むようです。もっと簡単に言えば、打たれ弱すぎ、ガラスの少年・少女ばかりです。

    極端に自分が傷つくのを恐れるあまり、石橋をたたいても渡らないといった生き方をしようとします。また、大人がそれを助長するように「無理をさせない」「のびのびやらせる」という自己正当化を平気でおこなうものだから、ますます萎縮してしまうのです。

    これは、子供同様に、大人も自分が傷つくのがイヤというより、子供をダシにして、自分が冒険を主張して失敗した時の責任逃れにしか過ぎないと私は思っています。自分の信念が正しいと思えば、堂々と主張すればいいのです。最終的な判断は子供にさせても。

    だいたい、どんなに努力したって報われる努力より、報われない努力のほうが多いということは社会生活をしてきた大人であればわかっているじゃないですか。しかも、現実社会では過程より結果が求められ、それで評価されるのですから、どうしてその真実を子供に伝えないのでしょうか。

    そんな事実が見えないように努力を過大に評価することで目隠ししておいて、社会に放り出すほうが無責任極まりないと思うのです。だいたい報われない努力をしてきた人間が、努力は報われるなんて言うこと自体、滑稽なのです。

    どんなに勉強しても一流大学の学歴が手に入らなければ、学歴社会的には結果として「負け」なんです。だから手に入らなかった学歴をロンダリングによって手に入れるか、希少価値のある資格を取得して自己ブランドを高めるなどの逆転ホームランを狙う工夫をするのです。

    ですから、A大学はいけなかったけど、B大学もいい大学だから、頑張って4年間通いなさいよ、なんて言うのは何のフォローにもならないのです。そもそも、学歴なんか関係ないって言っている奴ほど高学歴だったり経済的に成功しているわけですから、説得力ありませんよね。高卒で就職がない、あっても年収200万円で預金もできない、結婚もできない、こういう人たちが学歴無用論を言って初めてそれは実効性をもつのです。

    だから私は、報われない努力のほうが多いことを受験生に率直に伝えます。それが大人の責任だとも思うから。そして、最後に「君らの能力を信じる」と言うことにしています。ここにはひとかけらの嘘もありません。

    スポンサーサイト

    • 2017.04.22 Saturday
    • 01:49
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      << September 2017 >>

      リンク集

      ラジオ放送に出演

      検索総数ランキング

      おススメ

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM