スポンサーサイト

  • 2017.04.22 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    「合格力」「学力伸長力」にモノ申す

    • 2011.06.25 Saturday
    • 00:29

    この時期ですから、いろいろな雑誌に私立中学のパブ記事が特集されます。その中には「合格力」とか「成績を伸ばす学校」なんて言葉がちりばめられ、保護者からみると、このまま公立にいせたら「乗り遅れる」と思う方も数多くいるのではないでしょうか。
    こういう記事を書くには、どんな大手出版でも扱うにはそれなりの理由があるのですが(それはここで大っぴらにできません)、数字というものは決まった結論を出すためにも存在できますので、その仕組みを少しお話しておきましょう。

    まずは「合格力」によくつかわれるのがMARCH以上の大学への現役合格率ですが、記事を見ているとこの程度で自慢していることに失笑を禁じえないことがあります。どこかでもお話ししましたが、MARCHレベルの大学は公立の学区4番手(中には最下位校にまで)指定校推薦を出しているのが現状です。一般受験の枠を狭めることで合格偏差値を維持していると言われますが、もはや公立高校の学区3番手から4番手まで普通に勉強していれば合格できるのです。

    これだけ地崩れ的に易しくなっていると、浪人する生徒自体がいないんです。それは、これらの大学では80%から90%が現役で入学している事実を見れば一目瞭然でしょう。ですから、現役合格率なんて放っておいても80%以上あるのが普通なのです。かつては3浪なんていうのが当たり前にいた医学部でさえ、現役合格者の割合がはるかに大きいのですから、合格しているのが当たり前なのです。親の世代とのギャップを上手く利用した宣伝に騙されてはいけません。

    しかも、卒業生数とMARCH合格者数を対比させてこれだけ受かっているって…やっていることがどこかの塾の早慶合格者数の自慢と変わりありません。ひとりで複数合格すれば率はよくなるわけで、さらに受験校を増やせば実績が上がるというわけです。少し前ですが、センター方式合格者数を増やすため、高校が受験料を出して成績優秀者にセンター方式出願を20校以上出させた事件がありました。
    似たようなことをまだやっているところはあるのではないでしょうか。合格実績さえあれば、アホな保護者はそれにつられてやってくる、と考えているみたいです。それにつられる程度の保護者の子弟ならば、学校のためにならないと思うのですけどね。

    あと、成績伸長力ということを自慢しているところがあります。中学受験の時の偏差値と、卒業生が多く進学した大学の偏差値や予備校の模試(どこかをはっきり出さないところがミソなのですが)の学年成績と比較して、これだけ伸びていますとか…
    私は見ていて正気でこんなこと学校関係者が言っているとすれば、はたで見ていてイタいというより悪質極まりないと断言できます。そもそも、中学受験の模試と大学受験の模試の母集団が違うので、それぞれで行われた試験を比較すること自体、統計の意味を知らないもしくは曲解した仕業です。

    本当に成績の伸びを実証したいのならば、同じ模試を続けて受験させてその結果を時系列で出して公表すべきでしょう。団体受験ならば、全国平均ばかりでなく、団体平均や団体偏差値をだしてくれますから、そこまで公表しているのなら信じてもいいですが、残念ながらそんな学校ありませんよね。

    これから踏ん張って早慶上智や国公立の合格実績を出そうというなら、申し訳ないけど「地頭のいい」生徒を集めなければ無理なんです。中学受験で偏差値50前後もしくはそれ以下の学校が無理に背伸びをしようとすればするほど、入学者の意欲と現実とのギャップに保護者からの失望の声が上がることは確かなのですから、もっと現実的な意味での学校のよさを出してもいいのではないでしょうか。私学のよさは一本筋の通った教育理念にあるのですから、塾やマスコミに踊らされて受験結果の成果主義に汲々としなくていいのではないかと思うのです。

    「それを言っちゃおしめぇよ」と言われそうですが、「変わる」ということと、「よくなる」ということは必ずしもイコールでないことを知っておいてほしいものです。

    スポンサーサイト

    • 2017.04.22 Saturday
    • 00:29
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      282930    
      << June 2020 >>

      リンク集

      ラジオ放送に出演

      検索総数ランキング

      おススメ

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM