スポンサーサイト

  • 2017.04.22 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    夏期講習の選び方(小中編)

    • 2011.06.23 Thursday
    • 01:54

    中学生はあと1週間から10日ほどで期末試験が始まります。この時期になると各塾とも本格的な夏期講習生募集が始まります。

    実は塾の売上から考えると、夏期講習売上の80%以上は学内生からのもので、学外生(校外生)の売上は大したことはないのです。特に中学受験をする小6や、早慶など私立難関高校コースの中3などは、すでにカリキュラムの消化が終わっているので、この時期に入ってきてもらっても困る生徒のほうが多いのです。ですから、営業のメインはおおよそ次の順番です。

    仝立高校志望の中学3年生
    ⊆験しないもしくは公立中高一貫校狙いの小5・小6(ちなみに後者は受からないことを前提にしておかないといけません)
    C羈惻験をどうしようか考えている小4・小5…このあたりをいかに獲得・洗脳するかで翌年の売上が大きく変わってくる。
    っ罍院γ罍押超貅蠅焚別椶出てきたり、成績が急降下したりするという問題を抱えた生徒と、意識が高く学力レベルをあげたいという2つに分かれます。ほとんどは前者ですけど。
    ゾ2・小3…本科の授業に入れるというより、今後の見込み客作りなのですが、ほとんどどこも上手くいっていません。座らせるだけで授業時間の3分の1を使ったりします。多くの塾はいい加減で、女子大学生を講師に入れたりするのですが、親の意識の高低差がいちばん大きい学年なので、自爆する教師も多数。

    この順に秋の本科授業にも通わせようと画策するわけですね。(だいたい売上単価順になっています)教室長もどのあたりに優秀な教師(=営業上手な教師)を入れるかが腕のみせどころです。

    最近はTVのCMもやっているところが多いですが、(そのせいでテレビでは塾批判が最近出なくなりました。日本のマスコミってホントにわかりやすいです)それは確実に授業料に跳ね返ってきます。多重債務者対象の弁護士事務所の宣伝も結局広告費に見合う以上の報酬からの儲けが出るわけだからやっているわけでして、塾がやったらそれは、生徒の授業料から出ていくわけなんです。だいたい1,000万円から3,000万円のCM作成料って1万人の生徒が一人当たり1,000円から3,000円負担していることなんですからね。これが年に10本以上になるわけですから。

    でも、「寄らば大樹の陰」的意識は親子ともども大きいのも確かです。大きいところは教材・カリキュラムが比較的しっかりしているところも多い(もちろん、教材は全部外注なんてところもありますが)と言われています。しかし、個人経営のところでも10年以上経営が続いているようなところでは、そう内容がひどいところはあまりありません。素人同然ではじめても、真摯に取り組んで10年もやっていれば教務力もつきますし、それ以上に合格させると言った実体験を積むことができますから。

    要は、メイン部分の授業では大きい塾であるというスケールメリットがあまり効かないようになってきています。ですから、多人数のほうが競争相手がいて勉強をする気になるとか、受験情報が豊富だとか根拠のない事実を並べて宣伝するわけです。

    つまり、大きい塾に行ってもいいけど、余計な○○特訓とかいうオプションは要りませんよ、ということなんです。みんなが行くとかそんなことは考えなくてもいいです。以前も書きましたが、ほとんどのオプション授業は売上増のためだけにやるものなので、わかっている人が見たら中身の薄さは哀しいくらいですから。

    そうそう、公立高校受験用に1教科60分で10日間完成とか妙な安売り講座をウリにしているところがありますが、あれは、10日でテキストが終わらず、残りをやるためにはさらに授業料を出さなければならない仕組みになっているところが多いのでご注意を。中学校3年分の英語や数学を10時間ですべてやるとなったら、(やってできないことはないが)説明だけでおしまいになります。現場を知らない金勘定ばかりやっている経営陣が考えるとこんなことになるのです。ご注意ください。

    合格者数のふしき

    • 2011.02.17 Thursday
    • 01:34
     このところ毎日のようにいう塾のチラシが入ってきますね。○○中xx名合格なんて文字が躍っていますけど、本気にしている人はいないでしょうね。

     実は折り込みチラシには厳密な審査というものがないんです。勿論、広告代理店が関与するような場合には薬事法違反になるような表現を削除したりするわけなのですが、折込料金を払えば、ほぼフリーパスです。ですから、合格発表後10日以上経って、絶対繰り上がりがないような難関校の合格者数が増えてもどこからもナニも言われないのです。



    昔は、チラシに合格者名を掲載していましたが(今でもやっているところはある)最近は個人情報保護という見地から載せないチラシが増えました。また掲載しているチラシでも、イニシャルや仮名表記が多く見られます。



    これ、ホントに個人情報保護を理由として正直にやっていると思いますか?そう思っている人は悪徳塾にホネまでしゃぶられますよ。



    個人名を出さないということは、実在していなくてもどこからも追及されないということなのです。もっと言えば、名前を出していたころより合格者数の水増しがしやすくなったのです。



    ある塾では開成中学合格者名を掲載していましたが、なんと、約3分の2が仮名もしくはイニシャルなのです。(仮名というのは、例えば慶応太郎みたいな名前が何人も並んでいるのです…これはこれで異様ですが)まるで2チャンネルの投稿のようです(笑)


    いいですか?天下の開成中学ですよ。東大の切符をほぼ手に入れたと同じことなんで、親は嬉しくて、息子を自慢したくてたまらないんじゃないですか?だったらチラシに名前が載るなんてめったにないことですから、拒否する人はあまりいないのではないかと思うのです。一昔前は子供の名前の載ったチラシを実家に送りたいから余りがあったら分けてくれと言ってきた親がいましたから。



    百歩譲って善意に解釈してみると、この合格者の家庭はセレブなのでシモジモの輩に名前を知られたくないとか…?

    たぶん、いろいろな塾のイベントとかに顔を出して、そっちに名前を出されると、中心になって通っていた塾やそこの先生に申し訳ないので、イニシャルで出している、というのが正解なのではないでしょうか。そうなると、実名らしき名前で出ている生徒しか合格していないことになります。



    私にはどう考えてもこんなことをしたら「当塾は合格者を水増ししております」と言っているようなものだとしか思えませんが、皆さんはどう思いますかね。やり続けると行くことは、経営者がそのレベルの人間なのか、騙される親が多いのか…。

    正直なところかそうでないかを知る方法はあるのですが、それは企業秘密です。

    PR

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << June 2020 >>

    リンク集

    ラジオ放送に出演

    検索総数ランキング

    おススメ

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM